きようなできごと

記憶力が足りない

上は長袖なんだけど下は短パン

ちょうど

こういう季節だったと

思いだす

 

彼をうしなったのは

 

昼間の暑さに

補充しすぎた水分を

持て余し

何度かトイレに起きる

肌寒い夜だ

ちょうど、そんな季節だった

 

かなしい気持ち

もう、会えないという

ひんやりとした、それが

うかびあがる

 

でも

そのまま起きてもいられない

あたりも

なんか、似ている

 

so dance

突然のメール失礼します

 

私は、とあるところでブログを

もう、5年書いています

ひきこもって8年です無職です

 

当初

自分の好きなことを

ただひたすらに、書き綴っておりました

当然ながら

まったく、誰にも見てもらえず

でも、途中であきらめるのもあれなので

続けていました

すると

ある頃から、少しづつアクセス数が伸びて

ほんのわずかですが

見てもらえるようになりました

 

ただ

ちょうど同じ頃

ほとんど、会話をすることもなくなった父が

なぜか、私の昔の作文の話をするようになりました

あれは、なかなか面白かった的な

 

どうやら

父は、私のブログ見ているようなのです

そして、自分だけではなく

親戚にも、私のブログを教えて

みんなで、見ているようなのです

 

なんというか

はずかしいのと、なさけないので

もう、書くのをやめようと思い

更新しなくなりました

 

そうすると、やはり

父は、直接は言ってきませんが

なんとも遠回しに

もっと、文章を書け、と言ってきます

 

一度は

居間にあるパソコンから

私のブログへ、コメントを残そうとしていた

痕跡を見つけました

キーボード打てないはずの父がです

 

私はいま

どうにかして、社会復帰すべく

ようやく動きはじめました

ブログも、書いてはいますが

もう、特に書けることもないのに

無理やり書いています

 

それでも、父は

楽しみに、読んでくれているようです

 

ところで

相談なのですが

Windows7って、いつまで使えますか?

回答よろしくお願いします

 

 

 

 

 

かなしみのはて

「怒りなんてのは

やがて消えるもんだけど

かなしみは

なんで、こんなに広く

そして深いんだろうな」

 

僕は用意していたこたえを言った

 

「そうか

そうなのかな」

 

彼は少しおおきな石を

かなしみに、投げ入れた

 

波紋は際限なくひろがり

けれど、石が底につく様子はなかった

 

大逆転パイナップルストーリー

なにが

悲しくて

もうやめた会社の

オフィスの恋愛事情を聞かされてくてならないのだ

 

まあ

ごはんをおごってくれる

というので

馳せ参じるざるを得ないわけです

 

でも

それが

なんかハッピーなやつだったら

いくらかは、マシーなんだろうけど

不倫からみだなんて

いうじゃない

 

まあ

お互いのことを知っていて

いまは、あの場所にいない者

となると

そして

飯につられて、ノコノコ出てくる

のは、俺くらいのものだろう

これは言われたわけではないが

ほぼ事実だろうな

 

お昼によくいったファミレスは

あいかわらず、混んでいた

あれ、あの向こうに座ってるの

ハゲさん、いやHさんじゃないか、やばいな

 

きっと

あんまりよくない方向と

思っていた、彼女の話は

めでたく、その人と結婚することになったと

 

なんというか

予想外、想定外の結果に

「ウェエ」

と大きく声が出た

昼のファミレスで、だ

 

まわりの客の視線が痛い

あの向こうの人は、知っているHさんではなかった

その後

「ウェエエエィ」

と、話に盛り上がりテンションもあがった

という演出にした

 

まさかまさかの

大逆転のストーリーか

もはや、ぼんやりしながら

元同僚の彼女と別れた

オフィスのあるビルに戻る彼女の

足取りが、異常に軽やかに見えたのは

気のせいではないだろう

 

そういえば

このビルから見えるところに建った巨大スーパー

前評判はすこぶる良くなかったが

どうやら、調子はいいらしい

奇跡の大逆転は、あるんだなあ

 

夏前の日差しは

思ったよりも、俺を焦がした

 

やっぱり

あのハンバーグに、パイナップルは

いらないと思いますがね

 

 

最後の修理技師

 

彼は、仕事場につくなり

すぐに、作業をはじめます

基本的にひとりでの作業です

 

大きな作業場には

所狭しと、壊れたロボット達が

彼は、数少なくなったロボット修理技師なのです

 

かつて

我々人間は、自分たちの仕事を

ロボットに奪われまいと、抵抗した時期もありました

ただ、実際にロボットが

労働に使用されると

やはり、強い味方になったのでした

 

当初

ロボットが故障した場合

メンテナンスロボットによって

修理がなされていましたが

ロボットにも、人間に修理してもらえる権利があるはず

という主張が認められてからは

多くのロボットは

人間の技術者によって、修理されてきました

 

ただ

その人数も、この数年で激減

後継ぎもいないまま、修理店をたたむ人も多く

現在では社会問題化しています

 

それでも

ロボット達は、人間の手で修理されるのを

待っています

 

今回

取材をして

やはり、人の技術というのは

限られたなかで、とても貴重なもの

というのを感じました

 

そして

この取材後

この技術者のかたは

作業場で倒れているのを発見されました

死因は、過労のようです

 

わたしも、調子が悪かったので

修理してもらいたかったです

 

なお

もう、この星には

修理のできる技術者はおりませんので

修理の場合は、他の星をお探しください

番号は、以下のフリーダイヤルより