きようなできごと

記憶力が足りない

日常

また、風が吹いた きょうがいつなのか それはわからない 俺は 寝床を飛び出し 外に出る おもむろに 木を切る それは、白樺 トントントン トントントン 俺はこのリズム好き そして 羊の毛を刈る 羊は俺をじっと見つめる やっぱり 木を切る まだ足りない トン…

となりの部屋のヤツがとにかくうるさい

俺はいらだっていたとなりの部屋の住人がとにかくうるさい 現代にはめずらしくもひっこしのあいさつにやってきた時はじめて会ったがやせ型のおとなしそうな男だったのに 夜になると部屋の中で暴れだすようで長く続くことはないがうるさいことはうるさい うち…

ストーカーが見てる

最初は手紙だったという 「なんか変な手紙きちゃって」美容師のエムさんは同僚に手紙をみせたそこには 「はじめてみたときから君のことが」 という文章ではじまる熱烈なラブレターだった 「え、これラブレターじゃん」「へえ、誰からなの?」まわりは歓喜の…

重要なビデオ映像

最近はね 暗い部屋でひとりでいてね テレビはつけたまま ひざをかかえてね なにかはじめ妖刀ね 怖い話のテキストを 読んだり その朗読の動画を見たり しているんですよね 怖い話に 限らないんだけど やっぱり これあきらかに創作じゃん っていうの あるんで…

規制

明け方の部屋の中 俺は眠れないでいた あいつの事が あたまから、はなれない テーブルに置いた 端末を手に取り SNSのアプリをひらく 言ってやらなければ ならない 手がふるえる その時 うす暗かった部屋が 外から照らされた 「なんだ?」 ドアが蹴破られて …

おかしな地震の話

先日、こういう話を聞いた ある地方で 大きな地震がおきた 特別被害はなかったのだが あるコンビニだけ 屋根が崩れてしまったが 店員は逃げ出して無事だった ただ 崩れた屋根のすきまに おそらく店にいた客(Aさん(仮名))が 半日ほどとじこめられていて すぐ…

タピオカのブルース

「俺、なんていうか怖いんだ」 キョウコが席に座ると すぐに、マサルは話しだした なにしろ タピオカが怖いという 「なんか、イモをなんかするとできるらしいよ」 どこかで聞いた話を キョウコは思い出した 「それ本当か?きっとなんか他の星から 来ているん…

きょうは誕生日

「そんな事できるわけねえだろっ」 僕は握りしめたナイフを 手首に押し当てた 白い壁に血しぶきが の予定 そんなに、出ない血 なにしろ痛い 痛すぎてひざをつく 結局、いつもそうだ あの時も、その時も なんか血をみていると せっかく買ってもらった ロボッ…

雨をよけながら

雨をよけながら 君に会いに行くぜ 当たったら死ぬ雨 そういう設定 家からずっと 軒先あったけど 駅前広場で詰んだ だから あっちの 家賃15万に 住めばよかったのに 来た道を帰り 結局濡れた ※ 2番は 自由にラップで

さくらの木下

さくらを見ながら 「あと何回、一緒に見られるかな」 と彼女は、言う 僕は 答えられずに ただ、桜の木を見上げた

突然の別れ

あの曲きいてると キミに言われた事思い出してるよ 結果 どういう意味だったか 生きてるあいだには きけなかった 突然の別れ 突然じゃない別れなんて あるのかね この曲きいてると 思い出すよ いつも、最後まできけない 涙が、止まらなくなるからね

絶対に絶対に許さない

ひどく憂鬱な日々が続き もう、先が見えない だめかと思っていた時 ネットで、ある記事を 読みました それは 呪いの実行について でした 様々な方法があるなか 私は、その中のひとつを 実行する事に決めました 細かい準備の後は とにかく毎日 呪いたい相手を…

おいかけてくる

土曜とか、日曜って せつなさあるなって 思ってたんだけど いやいや 月曜も、火曜も なかなかだぞって 僕たちは せつなさから逃げられない

仮に私が太陽を超える存在になったとしても

What are she got over sun need now attend more out you geek need two late take know hard day's night meets gift one totem paul mood read What's kind core need one michael and

アカウント停止危機と凶悪なネコの可能性

アプリで見る時 センシティブな投稿、画像は みれないまま、そのままで 使っていたのです 好きなミュージシャンの 投稿した画像が センシティブになってて どうしても気になり とりあえず パソコンから見てみた 猫の画像でした まあ どうしようもなく 凶悪な…

半透明

大切な鉄道模型コレクションを 処分した次の日 お父さんは、だいたい半分くらいになった なにが? からだが半透明になったのだ それでも お父さんは あまり気にしていない様子だったから わたしもなんだか笑った でもそれから お父さんの存在感も半分くらい…

バス停で、あと60分

ああ、1時間 さっきのあれを逃したことにより 1時間、次のバスまで1時間だ 「それじゃあ、さ」 先程まで座っていたベンチに 男は座りなおし言う 「僕が君を殺そうとした時の事を話そう」 ああ、めんどくさ G子は思う なんだ、この思わせぶりな ストーリーテ…

上は長袖なんだけど下は短パン

ちょうど こういう季節だったと 思いだす 彼をうしなったのは 昼間の暑さに 補充しすぎた水分を 持て余し 何度かトイレに起きる 肌寒い夜だ ちょうど、そんな季節だった かなしい気持ち もう、会えないという ひんやりとした、それが うかびあがる でも その…

プロポーズ録画アリ

ふいに、彼女が 「いま、すごくいい場面 SNS映えする感じって思ってんでしょ」 僕は、あわてて あふれる涎を、拭うので 精一杯だった

so dance

突然のメール失礼します 私は、とあるところでブログを もう、5年書いています ひきこもって8年です無職です 当初 自分の好きなことを ただひたすらに、書き綴っておりました 当然ながら まったく、誰にも見てもらえず でも、途中であきらめるのもあれなので…

きのうのこと

ten by year what cool chic sign it's show it keep take cool soul more said

かなしみのはて

「怒りなんてのは やがて消えるもんだけど かなしみは なんで、こんなに広く そして深いんだろうな」 僕は用意していたこたえを言った 「そうか そうなのかな」 彼は少しおおきな石を かなしみに、投げ入れた 波紋は際限なくひろがり けれど、石が底につく様…

大逆転パイナップルストーリー

なにが 悲しくて もうやめた会社の オフィスの恋愛事情を聞かされてくてならないのだ まあ ごはんをおごってくれる というので 馳せ参じるざるを得ないわけです でも それが なんかハッピーなやつだったら いくらかは、マシーなんだろうけど 不倫からみだな…

最後の修理技師

彼は、仕事場につくなり すぐに、作業をはじめます 基本的にひとりでの作業です 大きな作業場には 所狭しと、壊れたロボット達が 彼は、数少なくなったロボット修理技師なのです かつて 我々人間は、自分たちの仕事を ロボットに奪われまいと、抵抗した時期…

わたしが○○をして得たメリット一覧

無限の空間と救いの甘露

ちいさい頃に 病院の待合室にいると 「俺、もう一生ここから出られないんじゃないか」 っていう気持ちになった 「俺ら、もう奇妙な世界に迷い込んだんじゃないか」 って窓の外から、タモリがのぞきこんでやしないか なんていうか 無限とも言える待ち時間 も…

どおりで空がムラサキ

「そろそろ、キミを 元の世界に、かえさなきゃ」 「そうだね、地球でみんな 待ってるよね」 「実は話さなきゃならないことが」 「え、何」 「ここも、地球なんだ未来の」 「なんだって!!!」 未来の地球では 環境破壊がすすみ いろいろあって ピンク色の大…

モチのブルーズ

あわてんなよ、つまるぜおもち 急いでいると、なにも見えなくなっちまうんだけど 焼いたって、煮立って そのままだっていいんだ よく噛んで、感じゃだめだぜ 俺をやさしくつつみこんでくれるおもち つまらない日なんてないんだ、おもち

ずいぶんと多忙な家柄

後輩が、会社を休んだ お母さんが、亡くなったそうだ とはいっても 実の母ではなく いわく、「遠くに住んでいる兄弟の義理の母」 なのだそうだ 以前にも、こういうことがあって まあ、この時点で 現代にはめずらしく、大家族的に なってしまっているのだが …

とりあってもくれない

「あの時、助けてもらったスズメです」 という、女性がたずねてきた いや、助けた覚えはないし そこは、鶴なんじゃ とは、思ったがドアをあける 「あの時みたいなこと、あなたにも おきるんですなので保険を」