読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きようなできごと

記憶力が足りない

悪夢のような朝

この季節といえば

睡眠が満たされたからでもなく

めざましが鳴るからでもなく

からだが、水分不足による、生命の危機感によって

目がさめる、という悪夢のような朝を

迎える時期なのは、言うまでもない

 

2時間前

前日に冷やしていた、三ツ矢フルーツサイダーの

オレンジを、氷を入れたグラスで飲んだ

三ツ矢サイダーは、やってくれた

これさえあれば、夏を乗り越えてやっても

かまわない

そう、思えるのだ

 

1時間前

牛乳に、氷のかわりに

アイスの実 オレンジを入れるという

手のひらの上の革命、を思いつく

これもやはり

これさえあれば、なすばらしい味だった

 

数分前

三ツ矢フルーツサイダーのオレンジに

アイスの実 オレンジ を入れるという

ダブルオレンジ作戦を、なぜに思いつかなかったのか

激しく後悔

もはや、タイムマシンで数時間前に戻りたいほどだ

 

いや、この悔しさは

タイムマシンさえ、つくり出しかねないちからが

あるかも知れない

これが、クリエイティブ なのか

 

さて、何飲むか