読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きようなできごと

記憶力が足りない

3時間天下

大人になるという事について、考えた事はあるか

愛する人を持つとか、守るものを持つとか

そういう話は、いったん置いておこうじゃないか

 

ぼくが大人になったと思うのは

アイスモナカを、一度に食べきらなくなった

これに勝るものはないのではないかと、考えている

 

次点で

ゲームを一度に、二本とか買っちゃうし

その日、すぐには開けないし、遊ばない

これを達成した時は

「ああ、そういえば買ってたっけ

買った事に安心しちゃってたわ」

もはや、達成感すらないのであった

 

それがたとえ

チョコレートだろうが、なんだろうが

一度封を開けてしまったものは

食べ尽くしてしまっていた、ぼくは

あまりにも、あまちゃんだったのだ

それで、アイスモナカの三分の一ほどを

ねじ切り、残りは冷蔵庫にしまった

 

この圧倒的余裕は

子供の時分には、出てきようもないものだ

大人の階段、かけあがっちまったな、こりゃ

 

結論を言えば

3時間前にしまった、残り三分の二を

先程食べてしまった

大人の階段に併設されている、下りエスカレーターで

また戻る事になった

 

もう、大人になれる気は、しない