読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きようなできごと

記憶力が足りない

外見より内面、とはいえども

やっぱりさ

いきなり、社長の所に行って

「僕、優秀だよ、欲しいよね?」

とは、行かないわけじゃない

 

まず、問い合わせて

書類送って

面接、何回かやって

それで、社長と面接するでしょう

そこで、ようやく

「あなたは、どういう人なんですか」

って所に、来るわけだ

 

逆にさ

社長だとして

なんか、きっと優秀そうな人をみつけて

「君に、決めた」

つって、採用通知を渡したらさ

「いやいや、あなたの会社受けてませんし」

ってなる

 

そこで

壁の落書きは、終わっていた

それにしても、紙がなくて

誰も来なくて、携帯も電池切れで

身動きが取れない