読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きようなできごと

記憶力が足りない

つくりばなし

彼にひさしぶりに会えた

彼は、やせたというレベルを超えて

ちいさくなっていた

そして、私と一緒に働いていた期間の事を

さっぱり、忘れてしまっていた

 

私は、少しだけ申し訳ない感じで

以前、貸した金の話を切り出した

こんな時になんだけど

忘れてしまっているなら、かなしい、と

彼は、すぐに金を返してくれた

もちろん、そんな金貸していない

 

彼は、まだ話したそうだったが

さっさと切り上げて、彼と別れた

すぐに、近くのコンビニによって

アプリに課金できるカードを買った

あせっていたのか

予定よりも、多く買ってしまった

罪悪感が、込み上げてくる前に

さっさと使ってしまおうと

スマートフォンを取り出す

そこにうつった、自分が

どうにも、ひどかった

 

帰りは

月によったから

木星につく頃には

日付は変わっていた