読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きようなできごと

記憶力が足りない

的確な指摘

「もういいから、どこにでもいけ」

そう言うと、彼はドアを強く閉めた

僕は、呆然とする

僕は、僕がつくったロボットに家を追い出されたのだ

 

そう、自分の中で思ってみても

どうにも、理解ができなかった

確かに、彼は合理的だった

だいたいの、僕のうっかりは

彼からしてみれば、非合理的でしかなかったのだ

「なぜ、そんな事もできない」

よく、言われたものだった

失敗する事だって、あるだろう

それにしたって、おそろしく高性能なロボットだ

誰が、つくったんだろうか

まあ、僕なのだが

とりあえず、今夜過ごせる場所を探そうと思う

 

ボクは、すぐに電話する

「ボクだよ、ああ、今、家を追い出した所だ

そちらを、訪ねていくかも知れないから連絡した

廃棄局には、もう連絡したから、すぐ来てくれるはずだ」

ボクは、一緒に生活していたロボットを

家から、追い出した

 

なぜだか、奴はボクの事を

自分でつくったロボット、と思い込んでいて

いくら、お前はボクが購入したロボットだ、と言っても

冷笑とともに、流されるだけだった

 

購入した当初は

最新のモデルで、高性能だったが

次第に、頼んだ作業が、雑になりだした

どうも、少し楽をする事を、学んだようだ

掃除を頼むと、拭き残しがある

指摘すると、「そこは、先週拭いた」とか

「いま、やろうと思っていた」など

買い物を頼むと、必要な物は買い忘れて

必要のない自分が欲しい物は、しっかりと買ってくる

 

メンテナンスセンターに行くよう

言っても、素直には行かない

先週は、自分から行くと言ったのに

ずっと、公園で過ごしていたようだ

 

「だから、君のほうも気をつけたほうがいいよ」

玄関のチャイムが鳴る

「こちらは、廃棄局の者ですが」

インターフォンから、声が聞こえた

「ロボット、片付いたみたいだから、電話切るよ」

 

ボクは、玄関に向かうのだが

さっき聞いた、廃棄局の人の声

なんだか、聞いた事があるような気が

ボクは、ゆっくりとドアを開けた