読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きようなできごと

記憶力が足りない

友好のあかし

「それでは、これを」

話の終わりに、ある星の大使は

箱を取り出した

 

その箱の中には、からだの丸い四足の生物が

 

「我々と、この星、地球との友好のあかしと」

うすみどり色で、透き通ったからだのそれは

しっぽをふって愛嬌をふりまく

 

大使は言う

「くれぐれも、人間が飼ってください

それと、数が増えることもあるでしょう

とにかく、人間が飼ってください」

 

それがきっかけで起こった

「うすみどり色のそれ」ブームは

飼っているうち、数を増やし

世界中にどんどん、広がった

 

時々、からだに模様があったり

いろが違う個体が、確認された

それらは、不当が金額で売買がされ問題になった

 

だが

それも、わずかで

とにかく、増えるスピードが速く

欲しい人には、すべていきわたった

 

そうなってくると

捨て「みどりのそれ」が、増えて社会問題に

 

野生に戻った「それ」は

からだが、人に飼われている頃の、数倍に大きくなり

性格も獰猛になり、街の建物や、人に被害が出る事が多くなった

 

やがて、あの大使が

再び、地球に訪れた

 

 「どうやら、たいへんな事に」

大使の星にも、地球の状況は知らされていた

 

「なぜ、野生にはなってしまったのですか」

大使は、少し怒っていた

 

「ですが、過ぎた事はしかたありません

これからについて、考えましょう」

大使は、おだやかに笑いそう言った

 

「我々と交流のある星でも、地球と同じ事態にあった星がありました」

大使は、カタログを取り出す

 

「このような装置を、街に置いていただければ」

レーザーを使ったワナ、のようなものだった

「これで、絶滅とはいかないが、平和はおとずれるでしょう」

地球は、その装置を仕入れる決定をした

 

「それでは、これを」

大使は、ちいさな箱を取り出す

 

箱の中には、液体のみたされた細長い箱が

その中には、四足の細長い生物が

「これは、増えないし、暴れませんよ、友好のあかしですから」